Loading...

HecatonCaveとは

HecatonCave(ヘカトンケイブ)は、ゲームパブリッシャーに新しい収益手段を提供する世界初のサービスです。
ゲームパブリッシャーは、今までゲーム収益への貢献度が低かった無課金のプレイヤーを、
HecatonCaveを利用することでゲーム収益へ貢献するプレーヤーへと役割を大きく変えることを実現します。

img_business_model

HecatonCaveはプレイヤーがプレイしていない時間のゲーム端末リソースを、都度承認を得てブロックチェーンのマイニングに使用します。
ゲームプレイヤーはマイニングの対価をゲーム内アイテムなどで享受するため、無課金でもゲームをより楽しむことができるようになります。また、ゲームパブリッシャーはマイニング報酬を新たな収益源とすることが可能になります。

サービス
マイルストーン

  • 2018/8

    ITMを利用した世界初のブラウザゲームをリリース

  • line_service_pcline_service_pc2018/冬

    ITMのPaaS「HecatonCave」正式リリース

  • line_service_pcline_service_pc2019

    「HecatonCave」スマートフォン版リリース

HecatonCaveの可能性

img_possibility

HecatonCaveはマイニング報酬により収益を得るマネタイズモデルのため、ガチャ課金に頼らないゲーム設計が可能になります。このようなマネタイズモデルの変化は、ゲーム業界全体の健全化に寄与することになります。
また、HecatonCaveのマネタイズモデルは国家間の所得格差、為替の影響を受けないモデルのため、これらが理由で参入できなかった地域へのサービス展開をも可能にします。

HecatonCaveの
名前の由来

img_name

HecatonCaveはギリシャ神話に登場する百の手を意味する巨人の「Hecatoncheir(ヘカトンケイル)」と、「Cave(洞窟)」をベースとした造語です。多くの人々の手で発掘する洞窟、という意味で命名しました。

“HecatonCave”初実装タイトル「Idle Explorer」リリース

img

Idle Explorerはスチームパンクの世界観で繰り広げられる王道のファンタジーゲームです。

img

ゲームプレイヤーは、あらかじめ画面に表示される「発掘ボタン」を選択し、一定時間経過することで、ゲーム内アイテム「クリスタル」が無料で入手できます。

img

クリスタルは魅力的なキャラクターや装備と交換でき、よりゲームを楽しむ事ができるようになります。

img

代表的なマネタイズモデルにおける問題点

  • 課金マネタイズ型ゲームの問題点

    課金マネタイズ型ゲームでは、収益の9割をガチャによる課金が占め、また一部の課金プレイヤーによる高額課金に支えられたビジネスモデルのため、ゲーム設計上の類似点が多くなりやすい環境を生んでいます。このことはゲームディベロッパーが斬新なゲームを生み出すこと、そしてプレイヤーに新しいゲーム体験の提供することへの弊害となっていると言えます。

  • 広告マネタイズ型ゲームの問題点

    広告マネタイズ型のゲームにおいて、ゲームプレイ中の広告表示は、過度になるとプレイヤーのゲーム体験を阻害し、ゲームを辞めてしまうユーザーを増やしかねません。またゲーム内広告には、プレイしているゲーム以外の広告も多く含まれるため、他ゲームへプレイヤーの流出リスクも内包していると言えます。

用語説明

ブロックチェーン技術とは

現在主に使われている中央集権的なデータベースとは対義となる、分散型ネットワークのデータベース、
分散型台帳技術のことを指します。ブロックチェーン技術はビットコインを代表とする仮想通貨の根幹機能として知られていますが、その応用範囲と信頼性は高く、世界規模で爆発的に普及しています。今後ブロックチェーン技術、及びそれを支えるマイニングのニーズは、より一層の拡大が見込まれています。

マイニングとは

ブロックチェーンで取引される情報(仮想通貨取引など)の承認にあたり、必要とされる確認や記録のための計算作業を行うことを指します。このマイニングを行う人をマイナーと呼びます。マイナーはこの計算の報酬として、マイニングした通貨を一定量得る権利が発生します。例えばビットコインでは、2018年3月時点でマイナーの中から10分に1人、12.5BTC(1158万円相当)を得ることができます。そのためマイニングはブロックチェーン技術を支えるビジネスとして、市場規模が急速に拡大し、国内でも大手企業を中心に続々と新規参入が行われています。

Idle Time Mining(ITM)とは

昨今世界的に流行っている放置系ゲームなどは、ゲームを立ち上げている時間の多くが自動プレイとなっており、プレイヤーが実際にゲームをプレイする時間は限られています。ITMはこのように放置している時間のプレイヤー端末リソースを、都度プレイヤーに承認を得てブロックチェーンのマイニングに利用する行為のことを言います。 プレイ中の端末リソースは一切利用しないため、プレイヤーの快適なゲーム体験を一切阻害することはありません。

パートナー募集

HecatonCaveは多くの可能性を内包し、ゲーム業界内外へ大きな影響を与えることのできるサービスであると確信しています。
このサービスの拡大と普及のために、様々な形での皆様のご協力やフィードバックが不可欠です。
スマイルメーカーでは、共に「HecatonCave」を活用し、新たなビジネスの可能性を切り開くパートナー様を募集しております。

  • icon_partner_01

    ゲームパブリッシャー様

    ガチャや広告に依存したゲーム設計を超えた、バラエティに富んだゲームが生まれる世界を築いていきませんか?
    早い段階から、みなさまのフィードバックを活かしたサービスを構築したいと考えております。

  • icon_partner_01

    事業会社様

    ゲーム業界に限らない、様々な事業とのシナジーやファイナンスなどでの提携を検討しております。
    急速に拡大するブロックチェーン関連ビジネスのスピードに乗り、新たな事業を一緒に創作り上げていきませんか?

  • icon_partner_01

    ブロックチェーン技術を応用したサービス開発に興味のあるエンジニア様

    「ブロックチェーン×ゲーム」領域において、最新の技術に触れながらサービス企画・開発に携わることが可能です。 HecatonCaveをより発展させていくために、あなたの柔軟な発想が必要です。 やりたいことを実現できる風通しが良い社風と環境の中、私達と働いてみませんか?

会社概要

商号
株式会社スマイルメーカー
SmileMaker Inc.
設立
2008年6月20日
代表者
宇田川 慎之介(@shin_udagawa)
従業員
50名 (2018年2月現在)
所在地
東京都新宿区西新宿3-9-2 イマス西新宿第一ビル2F
資本金
1,880万円 (2018年2月現在)
株主
宇田川 慎之介, 株式会社サイバーエージェント
主な事業内容
ソーシャルゲーム、
ソーシャルアプリの企画・開発・運営

アクセス

本社

〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-9-2 イマス西新宿第一ビル2F

京王新線 初台駅東口より徒歩8分
都営大江戸線 都庁前駅A5出口より徒歩9分
JR線/京王線/小田急線/都営新宿線・大江戸線
新宿駅南口より徒歩15分